株式会社ツインズ 〜結ばない靴ひも「キャタピラン」の企画・販売〜

企業情報

  • 企業情報

ビジョン

運動&ボディケアを通じて得る「感動」や「喜び」を一人でも多くの人に感じてもらい、
世の中を幸せにすること。

それが弊社のビジョンです。
では、そのビジョンを実現する製品は、どこから生まれるのでしょうか?
製品の生まれる場所は、殆どが工場でも、技術者の頭の中でもありません。
殆どが毎日の暮らしの現場から必要に迫られ、ふとした事から誕生する事が最も多いのです。
商品を生み出すのは、実はそれを使う皆様であり、私達ツインズは常に市場の意見に耳を傾け、情報を収集するところから商品開発を進めます。
常に生活者を発送の原点に置くことが大事だと考えております。
社員からも色々なアイディアが出され商品化まで進む確率は非常に低いですが、
常に消費者の立場になり、皆様に喜ばれる良い商品を開発、発売しようとする貪欲な姿勢には自負しております。

・「健康」「快適」「便利」をキーワードに、豊かな生活に必要な商品の企画開発、販売をしています。
・利益追求だけでなく、会社に携わる人達の生活向上、達成感、働き甲斐を追及します。
・お客様、従業員、そして社会から信頼される会社を目指します。
・お客様視点で開発、物造りをするメーカーです。

ご挨拶

代表取締役 梶原隆司

株式会社ツインズは、1999年4月の創業以来、”人と健康とのインターフェイス・きっかけ作り”をキーワードにスポーツ用品・健康用品などの開発、販売に携わってきました。
品質や安全性の向上や社会貢献など、企業としての責務を果たすと共に、時代とともに変化するライフスタイルを見極め、ツインズの商品を通じて人々を元気に、快適にできる商品を世に送り出していけるよう、株式会社ツインズは、これからも邁進していきます。

会社概要

社名 株式会社ツインズ(TWINS CORPORATION)
住所 〒273-0853 千葉県船橋市金杉7-1-9 ツインヒルズ西館3F
Tel:047-449-8380/Fax:047-449-8381
代表者 代表取締役 梶原隆司
設立 1999年4月8日
従業員 51名(パート含む)
年商 15億円
資本金 3,000万円
ツインズWORKS
〒959-1381 新潟県加茂市新栄町7-39
Tel:0256-46-8436/Fax:0256-46-8437
東京営業所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル中地下MB4 405号室
Tel:03-6265-1942/Fax:03-6265-1943
中国事務所 中国广东省东莞市塘厦镇骏景高尔夫花园骏景苑F04
Tel:(86)-136-5141-8552
事業内容 ・スポーツ用品、健康用品、キッチン用品、電気用品、DIY商品、雑貨の輸入販売(商品コンセプト:「健康」「快適」「利便性」「環境配慮」)
・鋼材の輸出
・不動産賃貸業
取引銀行 千葉銀行 二和向台支店、東京三菱UFJ銀行 船橋支店、東京東信用金庫 三咲支店、京葉銀行 二和向台支店、阿波銀行 江戸川支店、三井住友銀行 船橋支店

沿革

1999年4月24日 資本金300万円 千葉県船橋市二和西に有限会社ツインズ設立
2001年7月1日 資本金1,000万円にして 有限会社ツインズから株式会社ツインズに組織変更
2005年12月1日 千葉県船橋市金杉に鉄筋自社社屋 『ツインヒルズ』 取得
土地面積363m2、建物面積626m2
2006年10月1日 新潟県燕市に物流センター設立
2008年3月1日 業務拡大に伴い新潟配送センターを燕市吉田町に移転
総面積1,200平米
2011年4月1日 中国深圳事務所設立
2012年4月1日 東京都中央区八重洲に東京ショールーム設立
2012年10月1日 本社ビル内にキッチンスタジオ併設
2012年12月1日 靴ひもウェブサイト『CATERPYRUN』立ち上げ・販売開始
2014年7月1日 靴ひもキャタピランシリーズを『CATERPY BRAND』として統合
2014年9月1日 業務拡大に伴い配送センターを移転しロジスティックセンターと名称変更
2016年3月1日 キャタピラン国内生産ライン構築
2016年12月1日 アメリカ・フロリダ州・オーランドに販売会社設立 キャタピランアメリカ販売開始
2018年3月1日 資本金3,000万円に増資
2018年4月1日 創立20周年
2018年11月1日 ヤバネスポーツ事業譲受
2019年11月5日 業務拡大に伴い配送センターを移転しツインズWORKSと名称変更
2020年8月18日 新会社「BAJ株式会社」を設立
2020年10月1日 SDGs(持続可能な開発目標)の取組み開始

【取組項目:優先順】

3.全ての人に健康と福祉を

子供からお年寄り、障がい者と幅広く使用可能な商品、健康維持商品を製造/販売

→現状に満足することなく「さらなる改善/商品開発を」

5.ジェンダー平等を実現

外国籍就労4名、常時雇用(パート除く)男女比=3(30人):2(20人)

→国籍/性別にとらわれない採用、女性役職者数の向上を

8.働き甲斐も経済成長も

産休/育休取得者、子育て/定年世代の就労者の在籍多数、テレワーク導入

→働きやすく平等な職場作りへの取組強化をし、従業員の士気向上/売上向上を目指す

12.作る責任/使う責任「責任ある生産/消費」

サステナビリティ素材を使用したウェアの企画中

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

特許取得している商品の製造技術の多様化を目指す

アクセス

千葉県船橋市⾦杉7-1-9 ツインヒルズ⻄館3F