株式会社ツインズ 〜結ばない靴ひも「キャタピラン」の企画・販売〜

採用情報

先輩の声 古宮瑞穂

ツインズには、
相談できる先輩がいる、
意見できる場所がある。
決して1人ではない。

古宮 瑞穂(総務)H27年入社

どんなお仕事をしていますか?仕事の魅力はどんなところですか?

主に総務業務を担当します。本社と事業所間の認識の相違を把握し、共通認識になるよう情報の交通整理をしたり、従業員の勤怠や業務の平等・一律化等、幅広い業務を行っています。
さらに最近は社内規定の見直しも進行中です。従業員増加に伴い、勤怠管理等様々な業務が多様化且つ複雑化する中、業務の進め方を創意工夫し、ツインズに合った規程はどういうものかを日々模索しながら改定を進めています。
総務は、職場づくりに貢献していると実感できる魅力的なお仕事です。

仕事のやりがいを感じるときはどんな時ですか?

『社内改善』は会社全体・社員全体に関わるものですが、内部的な業務ということもあり、日々の担当業務に追われる社員の皆さんにとっては二の次の手間業務になることもあるかと思います。そんな社員の皆さんの負担を極力減らすよう、情報の伝達は漏れ無く的確に行うなど試行錯誤を繰り返すものの、まだまだ課題もたくさんあります。しかし課題に直面したとき、ツインズには相談できる・意見できる場所や諸先輩方がいて「決して1人ではない」ということが実感できます。業務改善による効率アップや、職場環境の改善に成果が出た際は、自信に繋がりやりがいを感じます。

これまでに仕事を通じて感動したことや印象に残った出来事はありますか?

補助金申請には、対象となる事業内容や説明が必要のため、現場を知らない私には事業の内容や業務の流れを把握できず、一人では書類作成ができません。また業務や規程の変更では、通達メールだけでは共通認識にならず、理解を得られないことも。そんなとき、まだ顔合わせをしていない事業所の方々も親身になってご対応してくださったり、社長や所長からのご協力を得られることで解決することができました。個々の人柄がこの社風を、そして社内のこの「安心できる距離感」を生み出しているんだな。と心がほっこりしました。

仕事に対するモットーや今後の目標はありますか?

「やってやれないことはない!やらずにできるわけがない!」を自身に言い聞かせています。チャレンジすることは勇気がいることですが、怯まずに挑みたいです。

1日のスケジュール
8:30

処理業務の準備

総務・経理業務があるため、各処理ごとに分けたファイルから優先順位を確認

9:00

郵送物の仕訳・内容確認/起伝・確認・送金(経理業務)

郵送物を各担当へ配布、総務・経理関係の郵送物は内容確認して期日確認。経理伝票の起伝と、詳細確認、送金処理。

12:00

昼食休憩

たくさん食べて笑って、リフレッシュ。

13:00

経理業務

午前に引き続き経理伝票の起伝・詳細確認を進め、至急性・期日を確認しながら、ファイル分・送金分等に仕訳

14:30

勤怠確認・経費精算・各種規程見直し

社員・パートの勤怠表を締め、前月経費未精算分を処理。時間外・休日出勤を確認し、規程との照合・見直し。

17:00

経理伝票入力・入金確認・照合・小口処理

各種伝票の入力を済ませ最終確認と仕訳整理。前日までの銀行の入出金確認をし、会計ソフトとの照合。小口精算と残高確認をして金庫施錠

18:00

翌日準備

伝票の片づけや、翌日以降の業務をファイルごとに分け。チビ彼(息子)のもとに帰宅。

9:00〜 郵送物の仕訳
14:30 勤怠確認
17:00 経理伝票入力
ツインズの魅力は、社長を始め従業員の人柄・個性と、社風だと思います。社長や所長に直接話ができるという環境は、全ての企業にある環境ではありません。ツインズは従業員と社長の間に「厚い・高い・怖い」という見えない壁がなく、社長自ら「風通しのよい職場を」と考え、声かけをしています。
チャレンジしたい事や希望が発言でき、また耳を傾けてくれる会社「ツインズ」。新入社員の皆さんを社員一同お待ちしています。